無意識にやっているいきりハンドルは危ない

最近、車を運転しているときに、「いきりハンドル」と呼ばれる運転を見かけることが多かったりします。
いきりハンドルは、主に右左折するときに行う操作です。
例えば左に曲がろうとするときに、その手前で少し車の頭を右側に振り、その後に左側にハンドルをきるというものです。
元々は大型のトラックやバスが、細い道へ進入するときに、内輪差を考慮して小回りが利くように行われていたものだそうです。
ただ、こうした運転が、右左折に特に苦労することのない一般車両にも見られるようになってきています。
しかし、問題は、ドライバーが曲がる方向と逆の車線の安全確認をしっかりと行っていないことです。
先ほどの例で言えば、左に曲がる前に右へ頭を振るときに、隣の車線を走る車や対向車と接触するような事故があったりします。
そして、もっとややこしいのが、こうしたいきりハンドルをする運転手というのは、ほぼ無意識にそれを行っているということなんですよね。
おそらくもう習慣化して癖のようになっているみたいなので、あまり危険なことだとは思っていないみたいなんですよね。エピレ 250円 予約