チャリンコを盗まれて、大変な目にあってしまいました。

先日、チャリンコを盗まれてしまいました。もちろん、駐輪場に止め、施錠もしっかりしていました。1万円程度で購入し、3年間愛着を持って使用していた自転車だったので、盗まれた時はショックでした。サドルやカゴなども交換し、ちょっと目立ったママチャリだったのですが、そこが狙われた原因なのかもしれません。
すぐに近くにある交番に、足を運びました。盗難届を出すのですが、結構これが大変です。盗まれた時の状況も詳しく聞かれるので、処理が済むまで1時間くらいかかりました。
かなり時間がかかったので、その間、盗難関係のチラシを見ていました。そこには、かなり参考になる情報が記載されていました。福岡県警の調査によると被害が集中しているのは、「馬てい型のリング鍵だけで施錠した自転車」です。盗難車のうち8割がこのケースです。つまり、このタイプの自転車は常に狙われているという事ですね。
しかし、私の場合リング式とチェーン式の2重ロックをかけていたにもかかわらず盗難にあってしまいました。よって、今度買った自転車には、リング式に加え、前輪と後輪にチェーン式のロックをかけています。いわゆる3点ロックです。こうする事によって盗難の確率は、かなり低くなるそうです。
ママチャリのような自転車であっても、新品で購入すれば1万円くらいはします。新車の場合、リング式のロックは最初から付属していますし、チェーン式のロックは、普通に百均で購入できます。少しの出費で、自転車を盗難から守れるので、ぜひ実行したいですよね。

天文単位や惑星などについて勉強をしました

惑星などについて勉強しました。太陽系内の天体の距離を表すには、天文単位を使うと便利です。1天文単位とは、太陽と地球との平均距離(1億4960万km)のことです。したがって地球ではa=1(天文単位)、P=1(年)となります。ケプラーの法則は、その後ニュートンの万有引力の法則の発見によって理論的に説明されました。ケプラーの法則は、惑星だけでなく小惑星や彗星など、太陽のまわりを公転するすべての天体になりたっています。太陽系のいろいろな天体については、地上からの観測のほかに、探査機によっても多くの情報がもたらされています。8個の惑星のうち水星・金星・地球・火星は、固体の表面をもち半径が小さく密度の大きい惑星で、地球型惑星とよばれます。これに対して木星・土星・天王星・海王星は、水素やヘリウムなどからできていて、固体の表面をもたない、半径の大きな密度の小さい惑星で木星型惑星とよばれます。とても勉強になりました。