長女と恋人と一緒に近所の整形外科に行ってきた。

小児が豆バスケットボールの練習をすると左足のインサイドくるぶし部下が腫れて痛くなってしまったので、近所の整形外科に連れて行った。最初は、鍼灸をやる接骨院に連れて行こうと思ったのだが、コーチらや達人の保護者からレントゲンを撮ったほうが良いと申し出をいただいたので、整形外科にした。俺は任務だった結果、家内が学童に小児を迎えに行って、もっぱら、整形外科に行ってもらい、俺は任務を定時であがり、病舎へ直行した。たえず混んでいる病舎で、前日も大いに混んでいた。俺が18段階ぐらいに到着したのだが、小児が呼ばれたのは、18段階15当たりぐらいだった。レントゲンを撮って、教員から「レントゲンのちは疾患が薄い。触診してみるといくぶん骨が出ている感じがするけど、いまひとつでもない。しいて言えば付属痛性出先脛骨バリアーという生育痛の一つだが、特に気にする無用。痛くなったら面倒止める。」と言われた。とりわけ、ほっとした。持久走系のコースや疾走のコースは視聴させようと思った。苦痛が再発しなければ、2ウィーク後のフェスティバルには出れそうで安心した。