電気分解にあたってって構築の意味に対して受講

電気解体などに関しまして学校しました。うすい水酸化ナトリウム水溶液を電気分解すると、酸素という水素が発生します。ナトリウムは水とすぐに手答えし、また水酸化ナトリウムにもどってしまうため、ナトリウムはできていないように見えるのです。次は、組合せについてだ。組合せは、2様々以上の物が結びついて目新しい物(組合せ品物)になる化学設定を組合せといいます。鉄といった硫黄の組合せは、とりわけ乳鉢でしばしば合わせます。2ニュースの試験管に分けます。そうして、どちらかの試験管を加熱します。あとから手答えが進みます。赤くなり始めたら加熱するのをやめます。できた物は硫化鉄となります。今度は硫化鉄という鉄といった硫黄の内包物に磁石を近づけてみます。硫化鉄は、磁石につきませんでした。鉄と硫黄の内包物は、磁石につきました。塩酸を付け加え、発生する瓦斯のにおいを比べてみます。硫化鉄は、卵がくさったようなにおいの硫化水素が発生します。鉄という硫黄は、においのない水素が発生します。大いに勉強になりました。