天文単位や惑星などについて勉強をしました

惑星などについて勉強しました。太陽系内の天体の距離を表すには、天文単位を使うと便利です。1天文単位とは、太陽と地球との平均距離(1億4960万km)のことです。したがって地球ではa=1(天文単位)、P=1(年)となります。ケプラーの法則は、その後ニュートンの万有引力の法則の発見によって理論的に説明されました。ケプラーの法則は、惑星だけでなく小惑星や彗星など、太陽のまわりを公転するすべての天体になりたっています。太陽系のいろいろな天体については、地上からの観測のほかに、探査機によっても多くの情報がもたらされています。8個の惑星のうち水星・金星・地球・火星は、固体の表面をもち半径が小さく密度の大きい惑星で、地球型惑星とよばれます。これに対して木星・土星・天王星・海王星は、水素やヘリウムなどからできていて、固体の表面をもたない、半径の大きな密度の小さい惑星で木星型惑星とよばれます。とても勉強になりました。