体の重心が片方に向きすぎていると不調などの原因になる

人間って利き手だけではなく利き足もありますよね。外で歩いている時にふと気になるのですが、重心をかけている方の足が利き足なのでしょうか。私は右利きで、おそらく利き足も右側です。しかし、重心はどちらかというと左側に偏っています。右足を動きやすくするために、左に重圧がかかっているのかもしれませんが、本当の所は分かりません。利き足も右だという確かな証拠がないので、本当は左足が利き足かもしれません。左に重心が向いている時に、重心を右にかけてみるとやはり違和感があります。こっちじゃないんだよなという感じで、右に不思議な感覚が出て来ます。そもそも、片方に重心をかけ続けていると体に悪影響を及ぼすので、変な感じがしてもなるべく交互に重心を分けた方が良いのかもしれません。体の歪みや不調にも繋がるので、これからはなるべく気を付けたいと思います。足組みをする際も、交互に上下の足を変えた方が体のバランスが悪化しなくなるようです。重心というのは体を整える時にも役立ち、腰や背中が悪くなった時は重心や歩く癖、姿勢などを見直してみようと考えました。