二酸化炭素やヒートアイランドなどについて

環境について勉強しました。人間の活動によって大気中に排出される二酸化炭素・窒素酸化物・硫黄酸化物・フロン・煤塵などは、環境の悪化をもたらすだけでなく、気候の変動をひき起こす可能性が指摘されています。都市には人口が集中し地表は舗装され、草や木が少なくなります。その結果、都市特有の気候が生まれます。これを都市気候とよびます。都市気候によく見られる現象には、大気汚染とそれによる光化学スモッグの発生や日射量の減少、都市に固有の風系の発生、相対湿度の減少、雲量の増加、霧の発生などさまざまなものがあります。このなかで、都市部の温度上昇をヒートアイランド(熱の島)といいます。ヒートアイランドの構造は、都市が逆転層によってドーム状につつみ込まれるために、逆転層の下では汚染物質が拡散できないでただよっています。このようなことを学びましたが、知らないこともあったので時間があるときに、復習をしたいなと思いました。