ルパン三世やるろうに剣心も演じた早霧せいなさん

早霧せいなさん。宝塚歌劇団雪組の元トップスターです。2001年に87期生として入団しました。
宙組に配属になり、7年目までの若手が演じる新人公演の初主演は、2006年『Never say goodbye』でした。その後、同年『維新回天竜馬伝!』でも新人公演主演を務めました。
2009年雪組に組替えになり、同年バウホール公演『雪景色』では、同期の沙央くらまさんと共に主演を務めました。2010年、音月桂さんがトップスターに就任すると、2番手スターとして組を支えました。
2014年雪組トップスターに就任されました。お披露目公演は、『伯爵令嬢』でした。まるで原画から抜け出たようなビジュアルで話題になりました。その後も、漫画が原作の『ルパン三世』や『るろうに剣心』、映画が原作の『ローマの休日』や『幕末太陽傳』を演じました。
全公演の稼働率が100%を越すほどの人気を誇りました。相手役の咲妃みゆさんとのコンビもちぎみゆと呼ばれ人気を集めました。2017年『幕末太陽傳』の東京宝塚劇場千秋楽をもって退団されました。